MENU

プラセンタは鬱病にも効く?

 

美容成分として注目を集めているプラセンタですが、鬱病にも効果が期待できるという事をご存知でしょうか。

 

プラセンタは豊富な栄養素が含まれている成分であり、その効果は美容だけではなく、薬理効果もある事がわかっています。そのため、医薬品として病院でも処方されているのです。

 

うつ対策にも使われてます

現在、医薬品としてプラセンタが処方されているのは更年期障害や肝臓疾患などに対してですが、鬱病治療としてもプラセンタが使われ始めています。

 

プラセンタには自律神経を調整する作用や、ホルモンバランスを整える作用、そして精神安定作用があると言われており、鬱病に効果が期待できるのです。

 

現代はストレス社会とも言われ、鬱病に悩まされている人も少なくありませんし、気分が何となくすぐれない、不眠が続くなどの鬱病予備軍の人も多くいるのではないでしょうか。

更年期世代

特に更年期世代の人は更年期障害が影響して鬱病を発症する事もあります。
体と心の不調が続いている人は、プラセンタを試してみるのも良いのではないでしょうか。

 

医者に相談

現在鬱病で治療中の人でプラセンタを試してみたい人は、まず主治医に相談してみると良いでしょう。
プラセンタ注射は更年期障害の症状として認められれば、保険が適用されますから治療費も抑えられます。

 

また、まずはサプリメントを試してみるという人も必ず主治医に相談してからにしましょう。
プラセンタサプリは即効性があるわけではありませんから、抗うつ薬を止めて自己判断でプラセンタサプリを使用するのは危険です。

 

プラセンタとうつ病の関係って?

 

≫≫今売れてる!プラセンタサプリ人気ランキングはこちら
プラセンタといえば、普段私たちが名前を聞くのは、化粧品の配合成分、あるいはサプリメントや健康ドリンクの成分としてでしょう。

 

が、実は医療用としても広く使われるようになってきています。

 

同じようにプラセンタといっても、その内容も使われ方も違います。

 

まず、化粧品などに配合されているのは、動物由来です。かつては、その中でも牛由来が一般的でした。が、狂牛病の発生以来、この病気に対する警戒から、これはなくなりました。

 

今は豚、馬、羊といったものが原料になっています。

 

もちろん使い方としては、化粧品として皮膚に塗ったり、サプリメントなどでのんだり、といった形です。

 

一方、医療用の場合は、人由来のものが使われます。

 

こちらの方も感染症が心配になるところです。が、厳密に管理され、今のところ、この問題は起きていないようです。

 

また、使い方は口からのむ、つまり「内服薬」だけではなく、注射薬として使われます。

 

で、用途としては、うつ病、自律神経失調症、不眠症、更年期障害などの疾病の治療です。

 

プラセンタには、自律神経調整作用、ホルモン分泌調整作用、高ストレス作用があることが分かっています。

 

特にうつ病の治療には、これらの作用がいずれも相乗効果を生み出し、改善をもたらしてくれます。

 

また、プラセンタの薬としての特徴としては、副作用の心配が少ないがあります。長い期間使っても、薬への依存症もおきません。というのは、元々人間の体内にあるものですから。

 

プラセンタの効果 公式サイト トップページへ