プラセンタを摂ると献血できないの?

プラセンタとは胎盤のことです。つまり、臓器の一部です。このため、感染症の懸念から、かなり慎重な扱いになっています。

 

たとえば、化粧品やサプリメント、ドリンクに配合されているものは、現在では馬、羊、豚からの胎盤から抽出された成分です。

 

かつては、牛由来のものが一般的でした。が、狂牛病の発生の影響で、姿を消しました。

 

狂牛病は人間でいうところの「クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)」に当たると考えられています。

 

狂牛病にかかった牛から作ったプラセンタが、人にCJDを発病させる可能性が懸念されたのです。

 

が、実際にそういった例があったわけではありません。が、念には念を入れて、牛由来のプラセンタが用いられなくなったのです。

 

また、やはり感染症への懸念から、プラセンタ注射をした人は、献血ができないことになっています。

 

注射に用いられるのは、人由来のプラセンタです。もし、プラセンタを提供した人が何らかの感染症にかかっていた場合、注射を受けた人も感染するのを懸念してのことです。

 

が、これも実際に例があるわけではありません。また、注射薬にするには、厳重に検査や滅菌が行われています。

 

CJDなどの感染症は、また分かっていないことが多く、予防手段や治療方法が確立されていません。もし、少しでも広がりを見せるようならば、大流行してしまうかもしれないのです。

 

つまり、「可能性としては、感染症の心配などほぼゼロ。が、万一にでも発生してしまったら、取り返しのつかないことになる」ということから、慎重に扱われているのです。

 

特定の個人が受ける分には特段の心配はないでしょう。

 

プラセンタの効果 公式サイト トップページへ