プラセンタには副作用があるの?

プラセンタを使うにあたって、心配になるのが副作用ですよね。世の中には、「効果が高いのと引き換えに副作用も強い」という成分がたくさんありますから。

 

これを考えるのは、まずは化粧品やサプリメントに用いられるプラセンタと、医療に用いられるプラセンタとを分けて考えるようにしましょう。

 

まずは、化粧品やサプリメントに用いられる分です。

 

化粧品の場合は、副作用の報告はほぼないようです。

 

サプリメントの場合は、かゆみ・じんましんなどのアレルギー反応、頭痛、便秘、ニキビ、生理不順などの反応が出る場合があるようです。

 

が、いずれも深刻なものではなく、使うのをやめれば治まる程度のようです。

 

また、心配する人が多いのが感染症でしょう。プラセンタとは胎盤のことです。つまり生き物の臓器の一部ですから、その心配も無理のないところでしょう。

 

で、実際に狂牛病が問題になってから、それまでは当たり前にあった牛由来のプラセンタが姿を消しました。

 

これは実際に感染症が発生したわけではなく、用心には用心を重ねてのことのようです。今は豚由来などのものが使われています。

 

一方、医療用のプラセンタは、内服薬にも注射薬にも用いられます。こちらの場合は、原料は人由来です。

 

内服薬の場合、サプリメントと同じような副作用が出る可能性があります。

 

また、注射薬として使われる場合、サプリメントの場合以上に心配なのが感染症でしょう。なにしろ、血液に直接送り込むわけですから。が、厳密に品質管理されていて、この心配はまずはないようです。

 

プラセンタの効果 公式サイト トップページへ